2019年入社 技術職
日本工学院専門学校卒 

「現在どんな仕事をしているの?」

私は現在、都内某ビルの現場監督として業務を行っております。
当社には現在女性が5名在籍しており、現在現場に出ているのは私1名です。
現場では配線図の作成、現場内の資材管理等を担当しています。
現場での仕事は、力がないと難しいと思いますが、そうでもありません。
労働基準法でも、女性は30kg以上のものを持ってはいけないという決まりがあります。
実際に現場では、細かい箇所の施工や現場の管理等、力とは関係ない作業が多くあります。

「建築現場×女性」

建築現場は男性の多い職場ですが、現在女性が活躍できるような環境作りに力を入れており、決して女性だからと言って働きづらいということはありません。
例えば、更衣室や休憩室等の女性専用スペースが設置されていたり、トイレも男性用より広く作られています。
更に現場の代表が集まる定例会議では女性代表が女性目線での意見の提案をすることもあります。

「嬉しかったこと、楽しかったこと」

当社は中小企業なのでやりたいことをやらせてもらえ、とても楽しく働けます。
入社したての頃、社長が私に「もし現場が辛かったら、うちの会社には事務の仕事もあるからね」と言ってくれました。
一社員の気持ちに寄り添ってもらえて、新星電工を選んで本当に良かったなと思いました。
現場の労働環境についてもいつでも相談に乗ってもらえます。
過去に、女子更衣室がない現場に配属された時、そのことを会社に伝えたところ、私の配属現場を変更してくれました。
このように、従業員に対し柔軟に対応してくれる職場なので、とても働きやすいです。

「新星電工の魅力」

新人教育にも力を入れております。
新入社員研修では、業務に関することだけではなく、社会人としての基本的なマナー等も教えてくれます。
また、現場に配属されて以降も半月に一回のヒアリングがあったり、若手だけの勉強会を行ったりしています。
入社当時の私にはやる気しか持つものがありませんでしたが、社内教育のおかげでいつの間にか実力も身につきました。
懇親会もたくさんあります。月に一度、月末連絡会があり、別の現場へ通う同期や先輩後輩、本社で働く方々に会えるので私はこの日が1ヶ月の中で一番楽しみな日です。

「この仕事のやりがい」

この仕事をしていると、施設が完成してゆく工程を間近で見ることができ、例えば昨日まで暗かった部屋に明かりが灯った瞬間など、仕事一つ一つに達成感を感じます。
また、完成した施設がテレビに映ることも多くあり、実際に自分の仕事をした建物がたくさんの人の目に入ることが誇らしく思います。

「就職活動中のみなさんに一言」

この文章を読んでいる方の中には就職活動中の方もいらっしゃるかと思います。
私も数年前は就職活動をしていましたが、就職はゴールではなくスタートだと、働いてから実感しました。
社風ばかりは人によって合う合わないがあるかと思いますが、今一度多くの会社を吟味してみてください。
そのうち少しでも新星電工に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、連絡お待ちしております。
やる気とマナー(一般常識含む)があればいいんです!
当社では『女性でも働きやすい環境』『やりたいことに挑戦できる柔軟性』『充実した新人教育』など、自分の実力を発揮しやすい環境が整っていますので 安心して貰えればと思います。これから現場で働く仲間が増えてくれると嬉しいです。