2020年度 安全推進計画

スローガン

軽微な災害も見逃さない
P・D・C・Aで 働く人たちを毎日必ず無事帰宅させる
P:計画・手順 D:現場指示、教育・周知 C:繰り返し確認 A:改善

目標

重大災害“ゼロ”

災害防止の具体的実施事項

① 感電災害撲滅の徹底
1)電路系統等を確認し、充電範囲の把握による作業計画の作成
2)電路を取り扱う作業では電源を停止し無充電確認後着手する
3)活線近接作業では保護具着用、防護措置、表示設置を行う

② 墜落・転落災害撲滅の徹底
1)作業場所・内容に適切な足場、高所作業車、作業台の選定
2)作業台端部への手摺等設置と足元の目視確認の徹底
3)感知バーの設置とネジクランプ取付による安全帯の完全使用

③ 高所作業車災害防止の徹底
1)高所作業車使用時の取り扱い、使用上の注意事項を厳守する

④ 経験不足作業者・高齢者及び新規業者に対する教育・指導
1)現場入場前の送出し、安全品質ルールの指導・教育の実施
2)健診結果、保有資格、経験年数による適正配置の実施
3) 繰り返し型災害防止に向けた具体的な指示・指導の実施

⑤ ルール形骸化の撲滅
1)パトロール時、繰り返し指導による安全意識の向上を図る
2)危険作業における事前確認で災害の未然防止を図る
3)作業行動、作業環境を確認し、早期是正指導の実施

⑥ 熱中症予防の徹底
1)作業前の水分補給、午前・午後のこまめな水分補給と休憩 (6月~9月)
2)扇風機・送風機の準備及び空調服等のグッズ活用
3) 作業開始前、職長による体調不良者を確認し早期の処置対応

⑦ 交通災害予防の徹底
1)心身共健康のもと、周囲に心を向ける集中運転の実行
2)交通ルールの遵守と安全運転目視呼称の実践と習慣化